TOPへ戻る 無料カウンセリング予約 無料メール相談 0120-200-986

失敗しない美容整形【脂肪吸引手術の口コミ・トラブルSOS】痩身手術のトラブルでお悩みの方へ、ベイザー(VASER 4D SCULPT)による治療を行う北村クリニックが、最新の知識と豊富な経験からアドバイスいたします

ワキガ・多汗症治療SOS-ワキガ・多汗症治療で失敗しないために! 北村クリニック 0120-200-986
診療内容 ドクター紹介 料金表 24時間メール相談 無料カウンセリング予約
脂肪吸引トラブルSOS 脂肪吸引で失敗しないために!よくある脂肪吸引の失敗・トラブル|吸引部位のむくみ
脂肪吸引トラブルSOS 脂肪吸引で失敗しないために!
◎段差や吸引ムラをなくしたい
◎もっとスリムにしたい
◎効果を高める最新技術



トラブル回避の賢いポイント
◎トラブル回避 其の1
賢い病院選び・ドクター選び

◎トラブル回避 其の2
手術法の選択は賢く、慎重に

◎トラブル回避 其の3
理想のボディを実現する最新脂肪吸引




よくある脂肪吸引の口コミ・トラブル

◎術後に表れるトラブル
吸引部位のむくみ
術後の腫れやむくみはなぜ起こるのか
脂肪吸引を行うと、術後に腫れやむくみが表れます。どの程度かという点は個人差が大きいのですが、生活に支障が出るほどの状態ではありません。また「ベイザー脂肪吸引」では従来法と比較してそれらをかなり低く抑えることができるため「腫れもむくみもほとんど出なかった」という方がほとんどです。ですがこれら「腫れ」や「むくみ」は、100パーセント完全に排除することはできません。それは、腫れやむくみがなぜ起こるのかを考えてみれば明らかです。
脂肪吸引は皮膚に小さな穴を空け、そこから金属管を差し込んで脂肪を吸引除去する手法です。そのため皮下の組織を少々ながらも傷つけてしまうことになります。ベイザーであればそうした危険はグッと低くなりますが、決してゼロにできるわけではありません。そのため術後は手術部位に炎症が起こり、これが「腫れ」となって表れます。
また炎症が起こると、その周囲からリンパ液が漏れ出し、その水分が排出されずに溜まって「むくみ」が起こります。とくに太ももやお腹などのように広範囲に施術した場合には、術後に血流が妨げられる可能性が高いため、なおのこと水分が排泄されず、むくみが発生しやすくなります。
術後に腫れやむくみが表れると、ご本人にとっては「大丈夫かしら…」と心配になることでしょう。ですがお話ししたように、いずれも手術に対する生理的な反応ですので、ご心配には及びません。
ですがごくまれに「いつまでもむくみが消えない」というトラブルが起こることがあるのです。


術後の経過を良好に保つためには
術後の腫れやむくみの表れ方は個人差が非常に大きいものです。ほとんど表れない方もおられますし、また表れてもすぐに元に戻ったという方もおられます。ですがいずれにせよ、腫れとむくみを避けるためには術後の経過を良好に保つことが第一です。
まず術後は、手術部位をしっかりと圧迫固定します。部位にもよりますが、お腹や太ももなどを広範囲に吸引した場合には、下腹部から膝上くらいまでをカバーするガードルなどを使用します。手術範囲がもう少し狭い部位であれば、強めのサポーターを当てて固定したりします。こうした術後の固定は、第一に欠かせないアフタ−ケアです。
脂肪吸引した部分は、手術直後には皮膚と脂肪細胞が剥離したような状態になっています。ですが固定しておくと、皮膚と筋膜をつなぎ止めている「索状組織」のために、肌が自然と引き締まってきます。その過程で皮下に溜まっていた余分な水分はリンパなどを通じて排出され、むくみも消えていくのです。逆に固定が充分でないと、皮下の水分が排泄されない状態のままで皮膚が固定されてしまうため「いつまでもむくみが残る」という状態になる危険が高まります。 脂肪吸引や豊胸術は、手術の終了が「治療の完了」ではありません。予想通りの仕上がりに持って行くためには、術後の経過を良好に保ち、順調に回復させることが必要なのです。もちろん特別なケアが必要というわけではありません。ご自宅で、誰にでも簡単にできることです。
術後の経過は人それぞれに大きく異なりますし、不安を感じることもあるかもしれません。通常、脂肪吸引の腫れは数日から1週間、むくみは表れたとしても2週間ほどで自然に引いていきますが、場合によってはそれ以上、症状が残るケースも考えられます。
脂肪吸引を受けたなら、まず術後のケアをしっかりと行い、そのうえで気になるようであれば、すぐに医師に相談するようにしましょう。





▲ページトップへ



診療内容 ドクター紹介 料金表 24時間メール相談 無料カウンセリング予約